自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます

車を購入する時にはディーラーに車を下取り依頼するのもわりと

自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。


そしてそれを基準に5年落ち、10年落ちなどと呼びます。



実際には製造年からカウントするのでなく、初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなのでわからなくなったら車検証を見てみましょう。


当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると驚くほど低価格になりかねません。売っても儲けは僅かでしょうが、いざ購入する立場で見てみると、その中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。


走行距離が長いと、車査定ではマイナス要因となります。特に10万キロ超えの車だと高級車や名車と言われていてもほぼゼロ円に近い値段だと考えて良いです。同じ走行距離の車でも、その期間が短い方が不利な評価を受けます。より短期間に酷使された現れとして文句なしの判断材料にされるためです。買い取り業者の実車査定では車種やメーカーのみならず、車検証に記載された内容から、年式、グレード、カラーの情報を取得することも当たり前のこととなっています。そして、各機器や車自体の動作チェックがおこなわれ、外装も隅々までみますし、エンジンルームも入念な点検が必要ですから、そうしてみると、査定自体の所要時間としては早くて15分、もしくは30分程は必要だと考えておいた方が良いでしょう。車の買取サービスは、基本的に手数料は無料です。

あえて必要な経費といえば、車の名義変更手数料でしょう。もし買取業者さんに代行してもらうのなら手数料をいくらか払う必要があります。

払うくらいなら自分でするという人もいますが、新しい所有者が揃える書類(車庫証明等)も必要ですし、お互いに予定の調整や連絡が煩雑になることから、結局は依頼する人が多いです。

代行手数料は査定価格から相殺してもらうのが一般的で、そうでない場合は契約書にサインしたのち、現金や振込などで支払うこともあります。そのときの領収証や振込票はすべての手続きが済むまでは大事に保管しておきましょう。それと、売却には所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、印紙代として数百円ほど必要になります。

日産カーのデイズは、ニュースタイルの軽自動車として評判の車種です。デザイン性の高さ、充実した装備、燃費がいいことなどが、デイズの注目すべき点です。アラウンドビューモニターの搭載によって、高い安全性を確保しているのが魅かれるところです。

自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で約10000キロと見積もるのが一般的です。

総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、買取査定の際にはしっかり減点されます。また、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は値段がつかないこともあります。

その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。
例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化していることが多く、敬遠されることがあります。大方の業者には当てはまらないことですが、その数は多くないのですが、中には極悪な買取業者もあるのです。例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、車の即時明け渡しを半ば強制されて、その車を受け取ったが最後、料金を支払う気配は見せずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。


一般的に行う契約手続きを踏もうとしないで妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。他よりも高額な査定金額を提示して契約を結び、あれやこれやと文句を付けてそれよりも大幅に低い額での買取を強要してきます。そんな額では納得できないと断ろうとすると、今は車はここにはないなどと言い、運送や保管の費用だなどと言って車の返還と引き換えにお金を取っていく手口もあります。

その他にも、車の受け渡しをしたのに買取代金が振り込まれなかったという事件も報告されています。車が事故を起こしていたケースは、十分修理を終えた後に、査定をしたとしても、事故前と比較して査定価格が大幅に低下することを査定落ちとよんでいます。


格落ち、評価損とも言われています。

しっかりと直して、性能面では特に問題が見られなくても、事故車両という嫌な印象だけで査定落ちをしてしまうこともありえます。

新車などに買い替える場合に、今まで乗ってきた車を購入先のディーラーで下取りに出すパターンが多く見られると思います。

しかし、大半のケースでは、下取りでは納得するような買取査定をしてもらえることはないものです。

しかし、ネットの買取り専門店に売却してみると、車を下取りするよりも、高額査定してもらえることが多いのです。

This entry was posted in 車査定. Bookmark the permalink.