いままで乗っていた車を売却すると、次の車が納入されるまでに

中古車を売るときに注意するべきなのが、メー

いままで乗っていた車を売却すると、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。


代替となる手段がある人は別として、自動車なしではいられないという人は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。
ただ、代車の手配というのはどこの中古車屋でもしてくれるわけではないので注意が必要です。次の車の納車まで間が空きそうなら、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、担当者に聞いておくと安心です。

数社の中古車業者に愛車を売却するに当たって、査定をしていただきました。ガリバーがそれらの中で一番高額買取価格を示してくれたので、売却はこの業者に頼むことを取り決めました。まずはネットで車査定し、愛車をその上で別の日に、店舗に持っていったところ、ネットで行った査定よりも、高額だったため、即日に売却を決めました。
子供が生まれたので、2シーターの車から、買い換える運びとなりました。


この車とは独身時代からの付き合いですので、愛着が詰まってました。



新車を買うため、売却することにしました。
残念なことに、査定額は伸び悩みましたが、傷が残っているので、諦めるほかないのかもしれません。私が住んでいるところはちょっとした田舎の港町です。
窓からは遠くまで海が見渡せて、暑い季節には気持ちのいい潮風が吹き、それなりに、快適に過ごしているのですが、難点は、車が潮風でボロボロに傷んでしまいます。
昔住んでいた海から遠く離れたような場所では、車が錆びてしまったなんていうことは考えもしなかったことです。今乗っている愛車は車下取りに出してしまって、きれいな新車を手に入れたいところです。通常、大多数の中古車の買取専門店では、査定にかかる時間はただ待っているだけの時間を除くと約10分から15分程度です。それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点での中古車オークション相場などを参考にして基礎となっている中古車の査定額が定められていて、ここから各部位の状態、および走行距離などを目で確かめて、それらの状態に応じた減額や加算をすると最終的な査定金額を導き出すことが可能だからです。

家族が増え、車の買い換える必要に迫られました。その時、できるだけ高く売りたいと思ったので、一社単独の業者に最初から頼むことはせず、目星をつけたいくつか複数の業者に査定を依頼し、それらの中から、一番高く査定額を出してきた一社に車を売ることに決めました。
スタッドレスタイヤをつけていたのですが、元の値段を考えると、このタイヤのためにその分、査定もプラスになるのでは、と期待する気持ちがあったのですが、意外にも、値段はあまり違ってきませんでした。

だいぶ走り込んでて、あまりいい状態ではなかったらしく、処分するにも費用がかかるので内心困っていたところ、店に無料で引き取ってもらえたのはありがたかったです。でも、新しくて減りの少ないスタッドレスタイヤであれば車と一緒にしないで、タイヤだけで売った方がよりお得らしいですね。車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。
でも、ちょっともったいないと思いませんか。


下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。売るほうの気持ちの問題もありますが、車種、中古車としての状態などによっても買取業者のほうが利益が出る場合があります。私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。



業者の方が高いなんて。

現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、ひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。

車を売る時に必須なものの一つが、自動車検査証でしょう。しかし、査定のみなら、車検証を持ち込まなくても行ってもらう事が出来ます。



それは、査定は法による約定ではないからです。契約を結ぶ時点では、必ず車検証を持参する必要があります。
車検証が用意してないと登録抹消や名義の書き換えが行えないのです。



ネット上の中古車一括査定サイトなどを使って確認できる査定額は、やはり簡易的なもので算出した査定額となっています。たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車によりボディーの状態などは千差万別で当然ですから、一台一台の具体的な見積額というのはその車を目前でチェックしなければ算出できないのです。

このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が本当の買取金額になるわけではないので、前もって知っておくと良いでしょう。


車を友人や知り合いに売る場合、知っている人だからと安心するのは気を付けるべきです。必要な手続きがなされていなければ、無駄な費用を払わされることになるかもしれません。後で大きな問題が発生しないように名義変更などの手続きは重要なので忘れないようにちゃんとしておきましょう。

This entry was posted in 車査定. Bookmark the permalink.