車を売却する際には、高価格で売れる時期やタイミングを

車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは中古車買取業者の査定士

車を売却する際には、高価格で売れる時期やタイミングを逃さないように十分に気を付けることが大切です。特に、毎年、3月の決算期、さらに9月の中間決算あたりの時期は車を高値で売ることが可能です。

ほかに、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車が高く売れるでしょう。
こういったタイミングで、車を高く売却するには、時期を見定める必要もあるのです。実際に現物で査定をしてもらわなくても、専用の見積もりサイトに車の情報を好きな時に入力するだけで、複数の業者に対して一括でだいたいの査定額を算出してもらうことができます。


買取業者に買い取ってもらう良いところは、下取り価格に期待ができることです。愛車の相場を事前に調査して、少しでも高く売りましょう。



比較的高い金額で買い取ってもらえる車というとまずは軽自動車が挙げられます。「日常の足として、とにかく安さ優先というお客様に売れる」「店の代車として使うこともできて便利」と中古車屋さんでも言われているようです。

最近では、軽自動車でも普通車に匹敵するような大きさの車もあり、意外にもファミリー層が買ってくれることもあるようです。


軽自動車は燃料費や税金の負担が軽く、買いたい人がたくさんいるので、査定額が高くなるのも納得できます。

私が知る限りでは、実際の査定では、業者の多くが、まず走行距離をチェックするようです。


中古車査定における最も重要なポイントは走行距離です。

実際に10万キロを超えてしまった車でも売ることが出来るかは、それぞれに条件が違いますが、はっきり言って、難しいです。
とはいっても、購入希望者が多くいる軽自動車やマニアが欲しがるような、レアなものなら、査定額が上がるという話もあります。


車を買取、下取りに出す場合に、ガソリンの残量はどれくらいあればよいのか気にする人もいるみたいです。
しかし、率直にいうと、ほとんど気にしなくて良いのです。車の下取りで大切なのは、車の年式や車種、走行距離、ボディカラーや車の状態などです。


それなので、基本的にガソリンの残っている量を気にする必要はないと考えられます。
車の売却査定を依頼する際は特に用意するものはありませんが、買い取り先を決めて本契約となったら、必要な書類はひとつやふたつではありません。売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、婚姻による氏の変更や現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、提出書類は増えます。売却の意思が堅いのでしたら早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。この間、査定表を見て気を落としました。俺の車はこれくらいの価値なんだと考えました。


一般人とは違い、あちらこちらにチェックが組み込まれていました。

気落ちしてしまったのでよその買取店にも査定をお願いしたのですが、だいたい同じ内容でした。営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと業者の査定ではマイナスとなります。
あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。
ただ、車が全く売れないということをここで書くつもりはありません。

過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、細かくパーツ分けした査定を行って、買い取ってくれます。



中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、ほとんどの会社では、自宅等に出向いて行う出張査定を受け付けているのです。

中古自動車査定士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、見積金額を教えてくれます。

このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、同じ時に査定した査定スタッフ同士で査定額の競争が行われるので最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。
そろそろ、車の替え時だと感じています。

現在は外車に乗っているのですが、割とマニアックな車種のため、どれくらいの金額で買取してもらえるのか気を煩わせています。いくつかの中古車買取店に車を見て査定してもらえるよう依頼して、折り合いの付きそうもない査定額だったら、競売にかけるなども考えた方が高値がつくかもしれません。

This entry was posted in 車下取り. Bookmark the permalink.